ウォーターサーバー本体に雑菌は繁殖しない?

雑菌の繁殖はあるかもしれない

ウォーターサーバーで使用する水は、なるべく雑菌が繁殖しないように手を加えられていることがほとんどです。しかし、いくら手が加えられていたとしても、あくまでも人が飲める水なので、長期的に使用していくと雑菌が繁殖する可能性はあります。特にウォーターサーバー本体はボトルと違い、基本的に交換ができません。そのため、ボトルの取り付け口や内部の管の水が、雑菌が繁殖する元になりやすいです。ただ、ウォーターサーバーを提供するサービス側もそのことは十分知っているので、大抵の場合は菌の繁殖を防ぐために、何らかの対策ができます。もし、菌の繁殖が不安な場合は、具体的にどのような対策ができるのかを確認しながらウォーターサーバーを選ぶと良いでしょう。

雑菌の繁殖を防ぐ具体的な対策

ウォーターサーバー内で雑菌の繁殖を抑える対策として代表的なのは、自動クリーニング機能です。定期的に水や熱湯を内部に循環させることで、雑菌が留まって温床ができてしまうのを阻止する機能です。さらに、利用者でも掃除ができるように簡単に分解可能な仕組みをしていたり、クリーニングキットが用意してあったりするものを選ぶのも良いでしょう。雑菌が繁殖しやすいボトルの取り付け口を、衛生的に保ちやすいです。また、ボトル内の水に雑菌がいた場合は、それが本体内に入り込んで繁殖する恐れがあります。したがって、水を出した際にボトルに入る空気をきれいにするフィルターや、ボトル内に紫外線を当てて殺菌をする機能にも着目すると良いです。

水のサーバーがあれば、自宅でいつでも美味しい水があるので、飲用するにも料理をするにも大変便利でしょう。