安全性について

ウォーターサーバーの安全性はどうなっているのか、気になる人は多いでしょう。水やサーバーの安全性、衛生面はどうなっているのかなどを紹介します。複数のメーカーの物を比較をしてどの部分にこだわって選ぶか、参考にしてください。

ウォーターサーバーの水は安全?産地は?

ウォーターサーバーで使われている水は、各メーカーが安全性や衛生面にしっかり配慮して作られています。水を出荷する時は独自の審査基準を設け、検査を行った上でみなさんの手元に届くようになっているので安心…

ウォーターサーバー本体に雑菌は繁殖しない?

ウォーターサーバーで使用する水は、なるべく雑菌が繁殖しないように手を加えられていることがほとんどです。しかし、いくら手が加えられていたとしても、あくまでも人が飲める水なので、長期的に使用していくと…

子供がいたずらしないように安全に使える?

子供がいる環境でウォーターサーバーを使用する場合、いたずらされないように対策することを考えなければなりません。ボタンやレバーを操作すると水が出る仕組みは、子どもにとって魅力的なおもちゃです。けれど…

ウォーターサーバーについての説明

ウォーターサーバーとは、ボトルや水道からお水を取り入れることで、電気を用いて濾過や冷水/お湯などの飲料水を造水してくれる電化製品のことです。

大きさ

大きさや重さによっては、部屋に置くことが難しい場合もあります。ここではタイプ別ウォーターサーバーの大きさや、それぞれの水の容量などを紹介します。自宅に設置する場合、使いやすい大きさのものを選んで使ってください。

据え置き型ウォーターサーバーの平均的な大きさは?

ウォーターサーバーの大きさは当然メーカーや種類によって様々です。棚などに置くタイプなら幅30センチ前後、高さ80センチ前後のものが多いです。直接床に置くタイプは幅30センチ前後、高さ120センチ前…

卓上型ウォーターサーバーの大きさは?

ウォーターサーバーは、いつでも好きな時に新鮮な水が飲める非常に便利なアイテムですが、据え置き型のタイプになると、どうしても設置するのにそれなりのスペースを必要とするため、狭い家だとなかなか置きにく…

サーバーによって水の容量に違いはあるの?

水の容量が小さい場合のメリットとデメリット

ウォーターサーバーの水の容量はさまざまで、小さいものでは4.7L、大きなものでは18.9Lあります。一般的には12Lが多く使われていますが、小さい容量と大きな容量ではそれぞれメリットとデメリットがあるため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。 水の容量が小さい場合のメリットは、容器の持ち運びが楽なことが挙げられます。利用者が女性や年配の方の場合、水の容量が多いと重量があるため、運ぶことができなかったり苦痛を感じたりします。 水の容量が小さいものは重量も軽いので、力があまりない人でも楽に利用できます。また、早く飲みきるため、衛生面でも大きい場合より安心です。 デメリットは、容器が早く空になるため、容器を交換する頻度が多くなること。入れ替えが煩わしく感じ、利用しなくなってしまうケースがあります。また、交換する容器の数が多いため、ゴミも多くなることもデメリットとして挙げられます。

大きい容量のメリット・デメリット

ウォーターサーバーの容量が大きいと、面倒な容器を入れ替える作業の頻度が少なくなることが最大のメリットです。ウォーターサーバーを利用する人の人数が多い場合や、飲み水だけでなく、料理にも使いたいと思っている場合は、容量が小さいとすぐに水がなくなって交換しなければなりません。そのため、交換が面倒になってウォーターサーバーの利用回数も減ってしまったり使用をやめてしまったりすることもあります。 デメリットは、容器が重いため持ち運びや交換がつらく感じること。とくに水を設置する場所が高い位置にあるデザインのウォーターサーバーの場合は、容器を高く持ち上げる必要があるため、腕や腰を痛めてしまうケースもあるので、注意が必要です。 ウォーターサーバーを選ぶ場合には料金やデザインだけでなく、小さい容量と大きい容量のメリットとデメリットをよく確認し、ライフスタイルに合ったモノを選ぶことをおすすめします。